書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年7月号 | 社会福祉法人ミッションからしだね
京都で障害者福祉施設を運営する社会福祉法人ミッションからしだねです。
ENGLISH

社会福祉法人ミッションからしだね

CLCからしだね書店
CLCからしだね書店

活字文化の発信地、地域に開かれた交流と対話の場をめざします。

CLCからしだね書店便り
CLCからしだね書店便り

活字文化の発信地として、皆様と一緒に考えたい事柄をお伝えしていきます。バックナンバーもあります。ぜひ、お読みください。

        
古書販売の案内
古書販売コーナー

「真実なことば」はどの時代でも変わらない。今のあなたにぴったりの本が見つかりますように。

からしだね通信
からしだね通信

からしだね館の旬な情報をお届けする各情報誌はこちら。バックナンバーもございます。

カフェトライアングル
カフェトライアングル

本を片手にゆっくりくつろげるカフェ空間。

からしだねの癒し犬 デブからしだねの癒し犬 デブ
   

書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年7月号

2022/7/1(金)

『西部戦線異状なし』

レマルク著(新潮文庫)

第一次世界大戦に従軍した青年の一人称語りの小説。

一人の青年の心の中で、
「 観念としての戦争」が「具体的な一人の人間にとっての戦争」に変わっていく様を描く。

「君は僕にとっては、初めただ敵という観念だった。一つの抽象だった。
それが僕の頭の中に働いて、殺そうという決意を呼び起こしたものだ。 僕は この観念を刺したのだ」(315頁)。


過去のアーカイブページへ