書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年4月号 | 社会福祉法人ミッションからしだね
京都で障害者福祉施設を運営する社会福祉法人ミッションからしだねです。
ENGLISH

社会福祉法人ミッションからしだね

CLCからしだね書店
CLCからしだね書店

活字文化の発信地、地域に開かれた交流と対話の場をめざします。

CLCからしだね書店便り
CLCからしだね書店便り

活字文化の発信地として、皆様と一緒に考えたい事柄をお伝えしていきます。バックナンバーもあります。ぜひ、お読みください。

        
古書販売の案内
古書販売コーナー

「真実なことば」はどの時代でも変わらない。今のあなたにぴったりの本が見つかりますように。

からしだね通信
からしだね通信

からしだね館の旬な情報をお届けする各情報誌はこちら。バックナンバーもございます。

カフェトライアングル
カフェトライアングル

本を片手にゆっくりくつろげるカフェ空間。

からしだねの癒し犬 デブからしだねの癒し犬 デブ
   

書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年4月号

2022/4/1(金)

今回は、カフェスタッフおすすめの一冊です。

哲さんの声が聞こえる

中村哲医師が見たアフガンの光

                  加藤登紀子 著(合同出版)

アフガンで亡くなった中村医師がやってきた事、やりたかった事。
親しかった加藤登紀子さんが自身の思いを絡めながら語ります。

絶望の中で生まれる光はたくましく強いのです。


アーカイブページへ