京都で障害者福祉施設を運営する社会福祉法人ミッションからしだねです。
ENGLISH

社会福祉法人ミッションからしだね

からしだね通信
からしだね通信

地域で生活する障害者を応援する「からしだね館」のシュンな情報をお届けする情報誌。

カフェトライアングル
カフェトライアングル

団体様(40〜50名様)のご予約承ります!

配食サービス
配食サービス

手作りで安心!自宅へお届けします。

環境調査部
環境調査部

騒音・振動・低周波音調査はお任せください

からしだねの癒し犬 デブからしだねの癒し犬 デブ

ミッションからしだねについて

 「ミッションからしだね」は、障害のある方々の社会復帰(社会参加)の促進や地域生活支援を目的とした施設「からしだね館」を運営しています。「からしだね館」では現在、就労支援を目的とする「ワークス」と相談支援を中心とした「障害者地域生活支援センター」という二つの事業を行っています。ワークスでは、実際の仕事を体験する中で、働くための力を取り戻していただきます。また必要なアドバイスや情報提供もします。センターでは、地域で暮らしていく上で生じる様々な問題や課題について相談に応じたり、アドバイスや情報提供を行っています。また、行政や関係機関等との連携のもと、地域福祉のネットワークづくりや啓発活動等にも取り組んでいます。

からしだね館

【からしだね】の出典は新約聖書です。これは実際にあるとても小さな種です。聖書には「どんな種よりも小さいのですが、生長すると、どの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります(マタイ13章31-32節)」とあり、天国(神の愛の支配するところ)のたとえとしてイエスによって語られています。これは福祉社会の実現を目指す私たちにも勇気と希望を与えてくれる言葉だと思います。私たちの存在や力は、この小さなからし種のようなものかもしれません。けれども、どんな種にもいのちがあり、それが播かれるときいのちの営みが始まります。一人一人が、与えられたミッション(使命)をいきいきと生きられる社会が実現したらどんなに素晴らしいことでしょうか。

からしだねの詩

からしだねの「種」とは

施設概要

施設名 からしだね館
設置主体 社会福祉法人ミッションからしだね
事業案内
  • 「就労継続支援A・B型事業所」
    「からしだねワークス」京都市指定事業所番号2614100663
  • 京都市東部障害者地域生活支援センター「からしだねセンター」
    京都市指定相談支援事業者:事業所番号2634100032
    京都市指定相談支援事業者:事業所番号2674100058
所在地 〒607-8216 京都市山科区勧修寺東出町75番地
建物 鉄筋コンクリート造 地下1階地上3階建
総床面積 538.54㎡
定礎写真

「わが恩恵めぐみ
なんぢに足れり
 わが能力は弱きうちに全うせらるればなり」

(新約聖書 第2コリント12:9)

建物の定礎板には、上のような聖書の言葉が刻まれています。
からしだねの働きの基礎にしている聖句です。