京都で障害者福祉施設を運営する社会福祉法人ミッションからしだねです。
ENGLISH

社会福祉法人ミッションからしだね

からしだね通信
からしだね通信

地域で生活する障害者を応援する「からしだね館」のシュンな情報をお届けする情報誌。

カフェトライアングル
カフェトライアングル

団体様(40〜50名様)のご予約承ります!

配食サービス
配食サービス

手作りで安心!自宅へお届けします。

環境調査部
環境調査部

騒音・振動・低周波音調査はお任せください

からしだねの癒し犬 デブからしだねの癒し犬 デブ

理念

支援に関する基本理念
■大人の支援

からしだねは、「大人の支援」を目指します。
職員もまた、大人としての自覚を持ち、大人として成長していくことを目指します。

■慎みある支援

からしだねは、「慎みある支援」を心掛けます。
人には、踏み込んではならない一線があります。その人自身が悩むべき悩み、一人で負うべき課題、耐えるべき孤独・・・に、無思慮に踏み込まない。「わきまえ」を大事にします。

■プラスの価値を見出す

からしだねは、病気や障害など、マイナスと思われることの中にも、あえてプラスの価値を見出そうとする姿勢に共感します。

■誇りの回復

からしだねは、人間としての誇りを大切にします。誇りが失われているとしたら、それは回復されなければなりません。人として誇り高く生きること。それが、すべての福祉や支援の前提であると信じます。

■向き合う姿勢

現実にしっかり向き合うこと。社会の問題にも自らの課題にも、誠実に向き合っていくこと。からしだねは、そんな真摯な態度を大事にします。

■想像すること

私たちは、世界中の人々とつながって生きていること。自然と共生している人間であること。
私たちの「権利」には多くの犠牲や闘いが伴っていること。そして、「共に良く生きる」とはどういうことか。世界規模でも地域のレベルでも、常にこのことを考え、想像することを大切にします。

■キリスト教精神

からしだねの福祉は、キリスト教精神を基礎にしています。