書店員のおすすめ本 | 社会福祉法人ミッションからしだね - Part 2
   
京都で障害者福祉施設を運営する社会福祉法人ミッションからしだねです。
ENGLISH

社会福祉法人ミッションからしだね

CLCからしだね書店
CLCからしだね書店

活字文化の発信地、地域に開かれた交流と対話の場をめざします。

広域アクセスマップ
からしだねアクセス広域地図

からしだね館へは、このページの地図を参照してお越し下さい。

CLCからしだね書店便り
CLCからしだね書店便り

活字文化の発信地として、皆様と一緒に考えたい事柄をお伝えしていきます。バックナンバーもあります。ぜひ、お読みください。

        
古書販売の案内
古書販売コーナー

「真実なことば」はどの時代でも変わらない。今のあなたにぴったりの本が見つかりますように。

からしだね通信
からしだね通信

からしだね館の旬な情報をお届けする各情報誌はこちら。バックナンバーもございます。

カフェトライアングル
カフェトライアングル

本を片手にゆっくりくつろげるカフェ空間。

からしだねの癒し犬 デブからしだねの癒し犬 デブ
   

書店員のおすすめ本アーカイブ 一覧

2023/5/1(月)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2023年5月号         

神様、なんで? 久保のどか著 いのちのことば社 (1200円+税) 著者は、淀川キリスト教病院の小児科チャプレン。 「子供たちだけでなく私達みんなの、神様なんで?を受け止めて表現してくれた本だと思います。 子供をケアする […]

                                                                
                                    
2023/4/1(土)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2023年4月号         

シャーロック・ホームズの誤謬 ピエール・バイヤール 東京創元社 (1,210円:税込) ホームズシリーズの代表作『バスカヴィル家の犬』におけるホームズの推理の問題点を挙げるだけでなく、同じテクストから全く異なる真相を暴き […]

                                                                
                                    
2023/3/1(水)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2023年3月号         

くまとやまねこ 文:湯本 香樹実 絵:酒井 駒子  河出書房新社 1,430円(税込) 大切な人を亡くした時のどうしようもない喪失感。 励ましの言葉なんて煩わしいだけ。 でも悲しみに寄り添い、心のそこからのお見送りを共に […]

                                                                
                                    
2023/2/1(水)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2023年2月号         

不安の時代の抵抗論 田村あずみ 花伝社    定価2,200円(税込) 「現代社会においては、人々は不安のゆえに、抑圧的な権力であっても服従します。また、複雑な社会関係の中では、自らの政治的要求どころか、自らの生に痛みを […]

                                                                
                                    
2023/1/5(木)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2023年1月号         

慰めのコイノーニア 「コイノーニア」とはあまり聞きなれない言葉かもしれません。 ギリシャ語で「交わり」「共に生きる」といった意味です。 使徒パウロの書いた手紙が新約聖書の中に残っていますが、 パウロはこの言葉をとても大事 […]

                                                                
                                    
2022/12/1(木)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年12月号         

つたなさの方へ 「肉や野菜でも、端っこの方、皮やヘタ、骨のあたりにうまみが詰まっているように思える、、、」 限られた時間や資源、知恵―そんなある種の貧しさの中で、むしろ「ありあわせ」でいく能力と気質を育むこと、それこそ豊 […]

                                                                
                                    
2022/11/1(火)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年11月号         

自分の羽根 庄野潤三 著    (講談社文芸文庫) 平静さを求めて人のいないところに行っても、自分の中の騒音が治まらなければ、 心の動揺は止まない。         そんなときは気取りと装飾のない澄んだ文章をじっくりと […]

                                                                
                                    
2022/10/1(土)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年10月号         

戦争は女の顔をしていない  スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 著 , 三浦 みどり 訳 第二次世界大戦中、ソ連では百万人を超える女性が兵士として武器を手に戦った。                   自ら志願した苛酷な […]

                                                                
                                    
2022/9/1(木)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年9月号         

ひとはなぜ戦争をするのか              A・アインシュタイン、 S・フロイト 著                        講談社学術文庫 暴力はより大きな暴力による調停や抑止によってしか無くせないのか。 […]

                                                                
                                    
2022/8/1(月)
                         書店員がおすすめの本を紹介するコーナー。 2022年8月号         

脳外科の東大教授が若年性アルツハイマーを発症。
病は容赦ない。病をどう受け止めどう立ち向かうか?本人も家族もキリスト教信仰により病と供に歩み続け、経験を他者のために活かそうとさえする。